2014年06月12日

SP & ACケーブル


多種多様のケーブルですが、その中でも高音質で、かつ、価格もお買い求め易い右矢印1【Tara Labs TL-2/14-S/C-8N】を推奨してきました。
しかし、本製品は完売で生産終了の為、またまた、他のケーブルを探すことになった。
具体的にはSPケーブルと電源供給用も兼用できるケーブルです。

今回は、まだ試聴していないケーブルの試聴です。(他は既に試聴済み)

チェックソフトは2枚。1枚目は「BEST AUDIOPHIL VOICES」XRCD と LPレコードの両方。
BestAudiophileVoices.jpg

2枚目は「Masterpiece-Mario Suzuki」XRCDです。
XRCD24-NT001-b.JPG

ほぼ1日がかり〜その結果、音質は低域から高域まで自然で伸びがある、47Labsの【Model-4708(0.65mm)】をお薦めします。
価格はなんと、1m/¥324と安価です。当方でも今まで取り扱ったことのない安価の価格です。
このModel 4708(0.65mm) はインターコネクト/スピーカー/デジタル/全てのケーブルに適合します。但し、PSEは受けていませんので、電源用として、お使いになるとしても自己責任にてお願いします。

4708-2.jpg

1mのインターコネクトとしてご使用の場合は、通常のケーブルは【1本=+/−】で、Rで1本、Lで1本〜2mですが、Model 4708(0.65mm)は1芯ですから右矢印1【1本+or−】ですのRchで2本、Lで2本の4mとなります。SPケーブルも同様です。2mの場合は、2m×4=8m(片ch4m)です。

電源ケーブル1.5mの場合右矢印11.5m×4=6mです。

ケーブル代より端子の方が高い
自作ケーブルは長所は、ケーブルの長さを自由に決められたら、コンポの配置にジャスト・フィットするケーブルシステムが構築できます。自作ケーブルはそれが可能です。

47-a-2.jpg

是非、トライしてみてください。



世界の逸品をあなたに  オーディオHIRO



posted by audio HIRO  at 09:48| Comment(0) | ハード

2014年04月29日

一般的家屋のコンセントの実状・・・


新築住宅の見積もりでは、1居室あたり2口コンセント2ケ所が標準工事となっており、取り付け位置は部屋の対角線上となっている模様です。

Kabe-1.JPG

オーディオ機器は最低でも2台or3台です。通常の壁コンセントでは口数が足りません。

TL-FURU-4.jpg

また、上の画像の通り、最近は国内外問わず3ピンタイプのコネクターが殆どです。
この場合は3ピン右矢印12ピンにする変換プラグが必要となります。
(ホームセンターで販売している)
壁コンセントを3ピンタイプのオーディオ用壁コンセントに付け替える事をお薦めします。
これらの話題は次のアドレス参照下さい。
http://www.audio-hiro.com/ACnew/AC-2014page.html

今日はテーブルタップ類が話題の中心ですから、本論に進みます。

大抵は、市販のテーブルタップやコンセントボックスを購入しているケースが見受けられます。機器付属の電源ケーブルをオーディオ用に取り替えた方は一般的な製品より、オーディオ用を使用される方が多いのが実状です。

テーブルタップやコンセントボックスは多種多様です。
私の体験上、音が前へ前へと出るタイプ、高域がきつくなるタイプ、低域が甘く膨らむタイプ等々音質劣化になってしまうモノが結構あります。

Reimyo ALS-777が最高のお薦めでしたが日本仕様は販売終了となり(海外仕様のみ)他に強くお薦めする製品はありません。


ALS-777.jpg

そこで、いろいろなコネクター、ケーブルを使いコンセントボックスを自作した結果、木枠でインレット取り付け面はアルミ材、電源インレットなどは

@コンセント FPX (R) ¥8.925×3個=¥26.775
➁コンセントカバー Outlet Cover 102-D ¥2.730×3個=¥8.190
Bインレット FI-10(R)¥2.310
の音質が良好でした。

詳細は既にブログにてお知らせ済みです。

ブログ名 【HIROのよもやま話】 〜「自作電源Box」日付け 2011-2-27
http://audio-gossip.sblo.jp/article/88469344.html?1393470497

AC BOX-1.JPG

http://audio-gossip.sblo.jp/article/88469344.html?1393470497

どうぞご覧ください。

世界の逸品をあなたに   オーディオHIRO




posted by audio HIRO  at 12:52| Comment(0) | ハード

2014年04月26日

電源プラグを入れ替えた

P1.JPG

上は通常の3ピン対応の電源ケーブルの
電源プラグです。

組み込み式なので他のプラグと交換するには、
ケーブルの根元を切断しなければなりません。
切断後のこんな状態です。

P3.JPG 
P4.JPG

+/−の極性を間違わないようにして
【HBL 8215C】と交換。
p5.JPG
ザラザラした感じがシットリとした音質となりました。

ケーブル、インレットは前のまま〜やはり、
良質のケーブルとインレットも入れ替えなければ
「良い音を求める」方には不十分でしょう!

世界の逸品をあなたに    オーディオHIRO




posted by audio HIRO  at 14:42| Comment(0) | ハード

2014年03月23日

歴代名出力管

img046.jpg


歴代名出力管
サブタイトルは真空管大研究

Stereo sound 「管球王国」出版 20000年3月25日発行

主な内容は、世界の名3極管58種の聴き比べ

「歴代・名出力管列伝 3極管編/5極管・ビーム管編」

R120-Stero.jpg

世界の逸品をあなたに  オーディオHIRO





posted by audio HIRO  at 11:39| Comment(0) | ハード

2014年03月21日

世界の名3極管R120 シングル・アンプ


世界の名3極管
Miniwatt Dalio R120

R120-1.JPG

ミニワット・ダリオというのはブランド名でダリオはフランス・フィリップスの商標です。
-歴代名出力管より抜粋-

img046.jpg
歴代名出力管も記載しています。

真空管は(購入時の価格)
●R120は6本右矢印1R120のペアで2.5万円
●整流菅FW4は3本右矢印1FW4は1本8000円
●増幅菅MH4は6本右矢印1MH4はペアで1.2万円
と記憶しています。

製作者は【Leben 兵頭社長】です!

【R120】はまろやかでありながら生々しい音の表現。楽器の音の融け合いが実に見事です!


世界の逸品を貴方に   オーディオHIRO
posted by audio HIRO  at 13:30| Comment(0) | ハード

2014年02月27日

自作電源BOX

自作電源BOXです
AC BOX-1.JPG

AC BOX-3.JPG



今回は、BOXの前面と後面をアルミ材、サイドは木材を使用しました。

寸法
W :300mm
H :200mm
D :250mm(+50mm)

●コンセント、コンセントカバー、インレットはフルテック製。

@コンセント FPX (R) ¥8.925×3個=¥26.775
➁コンセントカバー Outlet Cover 102-D ¥2.730×3個=¥8.190
Bインレット FI-10(R)¥2.310

コンセント、コンセントカバー、インレットの製品詳細は下記からご覧ください。

http://www.audio-hiro.com/AC%20H-F.html#wall


●内部ケーブルはTARA LABS TL-2/14-S/C-8N ケーブル 1.0m/¥3.780

TL-2-B-2.JPG


音質はクリアで透明感があり、軽いです!(重量ではありません)

試聴ソフトはCD・LP共に「Concorde/MJQ (LP-7005)」

concrde-CD.jpg

the Moden Jazz Quartet (MJQ)の演奏は、ヨーロッパの古典音楽の手法とジャズの融合、所謂、バロックジャズの先駆者です。

モダン・ジャズ・クァルテット
■ミルト・ジャクソン (Vib)
■ジョン・ルイス (p)
■パーシー・ヒース (b)
■コニー・ケイ (ds)

世界の逸品をあなたに  オーディオHIRO

posted by audio HIRO  at 11:26| Comment(0) | ハード

2013年12月01日

6V6真空管

「Leben CS-200P」の出力管は6V6GTです。

幾つかの「6V6」現行管はあるようですが、クラッシック管の入手は比較的困難と言われています。

手持ちの6V6系をご紹介します。

@6V6G 英国Z&I(GEC)
 滑らかな音質で輪郭もくっくりと再現します

6V6G Z&I-3.jpg

➁Marconi(カナダのマルコニー製)
 非常に伸びやかで希少球で銘球の一つです


RCA-6V6-2.jpg


RCA-6V6-1.jpg

B6V6G "MAZDA"(France)

  画像後日アップします。


Leben CS200P スペシャル・バージョン はここをClick


世界の逸品をあなたに! オーディオHIRO


posted by audio HIRO  at 10:58| Comment(0) | ハード

2013年10月06日

バイアンプ そのA

今回は
パワーアンプ側に有るボリュームを活用して、規格が違うアンプを組み合わせました。

同じLEBENアンプですが、
CS600(EL34)28w→低域
CS250(6K6) 10w→高域

CS250-CS600.jpg
上段はCS600試聴機  下段 CS250 です


Leben CS600 click

http://lebenhifi.com/products/cs250.htmlLeben CS250 click

CS250のボリュームは最大値〜抵抗ゼロにし、
CS600のボリュームは最少から上げ、ベストのバランスをとる。
勿論、プリアンプのボリュームで調整。

ボリューム付パワーアンプは
マルチアンプや出力が異なるアンプにも対応出来ます。

Lebenアンプのボリュームは良い部品を使用していますので、活用できます。

試聴ソフトは
●アナログ 
@ WALtz for Debby / Bill Evans
A グリーグ / ピアノ協奏曲

●CD
@ What A Wonderful Word / Eva Cassidy
この曲はgooブログで紹介しています。

gooブログ


A シューベルト 「死と乙女」






世界の逸品を貴方に  オーディオHIRO


posted by audio HIRO  at 17:56| Comment(0) | ハード