2018年09月09日

オー!キャロル 懐かしのニールセダカ

ニールセダカは、カレンダーガールや素敵な16歳など素晴らしい曲が数多くあります。
今回は oh!caril です。
是非、聴いてください。




posted by audio HIRO  at 17:27| Comment(0) | ソフト

2015年04月16日

レコード CTIシリーズ 

2015/4/16 更新
レコード CTIシリーズ ご存じだろうか?


天才プロデューサー、クリード・テイラーによって1970年にアメリカで設立されたジャズのレコード会社。

フレディ・ハバード(tp)やスタンリー・タレンタイン(ts)といったストレートなジャズ路線とデオダート(arr.kb)やジム・ホール(g)によるクラッシック音楽のテーマのジャズ化などのクロスオーバー路線をとり数々のヒット作を世に送り出した。


その録音のほとんどをジャズの伝説的なエンジニアであるルディー・ヴァン・ゲルダーが手がけていることによりオーディオ・ファンの支持も厚く、更にピート・ターナーの写真をあしらったジャケットの流麗なアートワークは高い人気を得ている。


レパートリー、音質、アートワークそれぞれでそれ以降のジャズのアルバムの歴史に大きな影響を与えた。


クリード・テイラーはA&Mの社員だった1967年にCTIを立ち上げている。もともとはA&Mの中にある独立レーベルだったのだ。


社の創設者のハーブ・アルパートとジェリー・モスは、Verveからジャズ・プロデューサーであるクリード引き抜いたときに、自分のレーベルを立ち上げてよいということを約束していた。


A&M時代のクリードの初期のリリースには、以下のような作品があった:

Wes Montgomeryの A Day in the Life 、 Down Here on the Ground, Antonio Carlos Jobimの Wave , Quincy Jones のWalking in Spaceなどである。



次回は、CTIシリーズの作品

XAT-1245590105.jpg

JOE FARRELL ジョー・ファレル

OUTBACK / アウトバック 曲の一部を紹介します。








posted by audio HIRO  at 10:26| Comment(0) | ソフト

2015年04月15日

1960年代プレイバック

雨に咲く花

1960年7月リバイバル曲「雨に咲く花」
私が10歳の時の曲です。

子供乍ら良い曲だ・・・と覚えています。
NHKFM 歌謡スクランブルをエアーチェックしました。
先ず、聴いてください。


作詩 高橋掬太郎  作曲 池田不二男
昭和10年 のリバイバル・ソングです。

1 およばぬことと 諦めました
  だけど恋しい あの人よ
  儘になるなら いま一度
  一目だけでも 逢いたいの


2 別れた人を 思えばかなし
  呼んでみたとて 遠い空
  雨に打たれて 咲いている
  花がわたしの 恋かしら


3 はかない夢に すぎないけれど
  忘れられない あの人よ
  窓に涙の セレナーデ
  ひとり泣くのよ 咽ぶのよ

ませていた!


posted by audio HIRO  at 20:50| Comment(0) | ソフト

2015年04月14日

アル・ヘイグ

アル・ヘイグ

(Allan Warren Haig、1922年7月22日 - 1982年11月16日)は、ビ・バップの最高峰と言われているアメリカのジャズのピアニスト。


今回の紹介アルバムは「I Love you」
i love you.jpg

Al Haig (ピアノ)

Jamil Nasser (ベース)

Jimmy Wormworth (ドラムス)

1977年 2月18日録音 RCA レコーディング・スタジオ NY


A−1 I Love You

アレンジが良い。コール・ポーターの名曲。


A−2 In A Sentimental Mood

デューク・エリントンの名曲ですが、アル・ヘイグの流麗で高度なテクニックはこの曲を「聴かせる」。


A−3 I've Got Something For You ( by Al Haig )


1 All Blues

2 Along Came Betty

3 A Night In Tunisia


お薦めの1枚です。


www.audio-hiro.com



posted by audio HIRO  at 14:15| Comment(0) | ソフト

2014年10月30日

ウェイ・アウト・ウエスト

ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins、1930年9月7日 - )
ジャズ・サックスの巨人と讃えられる。
長年、歌心溢れるアドリブや、リスナーをリラックスさせるプレイは、今も多くのファンに支持されている。

ニューヨークを拠点としていたロリンズが、初めてアメリカ西海岸で制作したアルバムで、サックス・ベース・ドラムというトリオ編成で演奏されたことも話題となった。
 
ピアノ抜きで、しかもホーンも1本という編成では、厚みのある演奏をすることは難しいが、ロリンズの卓越したアドリブが高く評価され、今日でも人気の高い1枚。

「俺は老カウボーイ」「ワゴン・ホイール」といった西部劇映画の楽曲をカバーしており、アルバム・ジャケットもカウボーイをイメージしている。
WAY OUT WEST.JPG

収録曲
1.俺は老カウボーイ - I'm an Old Cowhand(Johnny Mercer)
2.ソリチュード - Solitude(Duke Ellington, Eddie Delange, Irving Mills)
3.カム、ゴーン - Come, Gone(Sonny Rollins)
4.ワゴン・ホイール - Wagon Wheels(Peter De Rose, Billy Hill)
5.ノー・グレイター・ラヴ - There os No Greater Love(Isham Jones, Marty Symes)
6.ウェイ・アウト・ウエスト - Way Out West(S. Rollins)
7.俺は老カウボーイ(別テイク)
8.カム、ゴーン(別テイク)
9.ウェイ・アウト・ウエスト(別テイク)

さわりだけ


facebook

販売コーナー

世界の逸品をあなたに  オーディオHIRO








posted by audio HIRO  at 10:32| Comment(0) | ソフト

2014年10月21日

枯葉/サラ・ヴォーン

初めは Leve door blog をご覧ください

本名 Sarah Lois Vaughan。アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク出身。
1940年代にデビュー。1947年に"It's Magic"が初めてのヒット曲となり、大型新人として注目を集めた。
歌手でトランペッターのビリー・エクスタインに影響を受け、当時最先端のモダン・ジャズであったビバップのスタイルを歌唱に活かした、モダン・ジャズ・シンガーの先駆者である。
ソプラノからコントラルトまで幅広いレンジに、美しいヴィブラートの掛かった、オペラ歌手にも匹敵する幅広い声域と、豊かな声量を兼ね備え、大胆なフェイクやスキャットを取り入れた歌唱力をも持ち味とした。

ジャズ・ボーカル史上ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドと並ぶ、女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の一人と言われている。

posted by audio HIRO  at 11:03| Comment(0) | ソフト

2014年06月05日

懐かしのポップス

【オールディーズ (Oldies) とは、主に1950年代〜1960年代にヒットしたアメリカやイギリスなどの英語圏のポピュラー音楽のことを指す。】

だから正確には「オールディーズ」ではなく、1960年代中心の「懐かしのポップス」と言うべきだろう。

その「懐かしのポップス」に「カンツォーネやシャンソン」も含まれる。

カンツォーネ (Canzone) は、イタリア語では単に歌を指す単語である。

日本国内においては主に19世紀末から20世紀初頭に書かれたイタリアの大衆歌曲、特にナポリのもの(カンツォーネ・ナポレターナ、Canzone napoletana)を指すことが多い。小規模のカンツォーネのことをカンツォネッタ (Canzonetta) と呼ぶ。

シャンソン (chanson) は、フランス語で歌の意味である。

したがって、少なくとも現代のフランス語圏においては、シャンソンは歌全般を意味し、特定ジャンルの楽曲を指すものではない。他言語圏ではフランス語で歌われる曲という意味で使われることが多く、この場合も何らかの音楽的特徴を持つものではなく、中世の「武勲詩」や「きらきら星」、「ラ・マルセイエーズ」なども広義のシャンソンである。
そのため、歌謡曲としてシャンソンは「モダンシャンソン」、「パリジャン・シャンソン」などと呼ばれるほかシャンソン・ド・ボア(動きのないシャンソン)、シャンソン・ド・シャルム(魅惑的なシャンソン)、シャソン・ド・レアリスト(リアリスティックなシャンソン)、シャソン・ド・サンチマンタル(センチメンタルなシャンソン)、シャソン・ド・ファンタジスト(動きのあるシャンソン)といった風に、「シャンソン」という語に何らかの形容詞を付け分類する。

(ウィキペディア参照しました)

日本においては、1960年代までに流行したフランスの歌謡曲全般をシャンソンと呼ぶ場合が多く、これらを日本語訳でカバーしたものもシャンソンに分類される。

1960年代〜1970年代に日本で流行したイタリアのポップスのこともカンツォーネと呼ばれる。

これらの曲をオープンリールテープデッキにダピンクし、BGM的に聴いている。





世界の逸品をあなたに   オーディオHIRO




posted by audio HIRO  at 10:35| Comment(0) | ソフト

2014年05月05日

映像とオーディオ

_P1010278_02.JPG


10年一昔と言うが、それに近い年式のDVDプレーヤーを駆使して、ミュージック・ライブなどを聴いている(見て、聴いている)。
パナソニック S-50(2006年式)

32型までのTVでは十分楽しめる。
私の場合、和室で液晶テレビ(アナログ放送用)だ。
見るモノも1960年前後のジャズ・ライブだ。
映像も白黒モノ。

冒頭の映像はBSの「クラシック倶楽部」。
.



S503.jpg


関連の話題はgooブログで紹介しています・・・。
http://blog.goo.ne.jp/kuromatsu216/d/20121109

映像とオーディオの場合に重要なことは、
@良いスピーカーを使う
(軽く弾み、音域のバランスが良いスピーカー)
➁音楽性豊かなアンプを使う
(ただ鳴っているモノではなく、CDもレコードも再生して十分なアンプ)
B高品質な伝送ケーブルを使う
(RCAケーブル、SPケーブル、ACケーブルなども疎かにできない)

画像の機器は
●SONOTONE SP



sonotone sp.jpg


●Leben CS-200p/スペシャル

cs200p_1_m.jpg

●ケーブルは
@Harmonix HS-101 RCAケーブル
➁Melltone Mtax-205 SPケーブル
B自作電源ケーブル

TL-FURU-3.jpg


●パナソニック S-50 
http://ctlg.panasonic.com/jp/bd-dvd/bd-dvd/dvd-player/DVD-S50.html

SONOTONE SP とLeben CS-200p/スペシャルの詳細は下記をご覧ください。

http://www.audio-hiro.com/SONOTONE%201.html


世界の逸品をあなたに   オーディオHIRO





posted by audio HIRO  at 10:44| Comment(0) | ソフト