2014年09月27日

JICO 交換針

MMカートリッジ Ortofon VMS-20Emk2 のスタイラスチップ(針)をJICOの【D-20E/U】に交換した。
オリジナル

vms-2.jpg
JICO交換針のケース入りは下の通り。

jico vms-1.jpg

針交換後の画像

DSCN0061.JPG


オリジナルとの比較した感想は?
◯滑らかになった
◯オリジナルと遜色なし
つまり、結果的に満足している・・・ユーザーさんの意見です。私も同感!

試聴ソフトは「ベートーベン ピアノ協奏曲第1番」
ユージン・オーマンディ指揮=フィラデルフィア管弦楽団 ルドルフ・ゼルキン=ピアノ
CBS OS-706-C

DSCN0066.JPG
◯DINAH JAMS 15PJ-201(M)

Dinah-1.jpg

針の寿命は色々な意見があります。こんな着眼点も・・・

レコードを2日に1回、2時間聴くとしたら、年間182日で182.5×2=365時間となります。
2年に1回針交換しても、交換針の価格が8.100円ですから、1日当たり12円弱の値段です。
10年も20年も使用すると、カンチレバーが曲がったりし、バランスが崩れてしまいます。
また、カンチレバーを支えているゴムのダンパーが劣化してしまうと感度が悪くなります。
交換はチップ(針先)だけでなく、カンチレバーも新しくなりますので常にフレッシュな状態を保つことが出来ます。
MMカートリッジの最大メリットですね!




posted by audio HIRO  at 08:47| Comment(0) | アナログ

2014年09月20日

カートリッジ その1

スタイラスチップ(針先)とカンチレバー

音溝をトレースする「針先(スタイラスチップ 黒色矢印)」と、これを支える「カンチレバー」緑色矢印。

10x5-blog1.jpg

スタイラスチップ(針先)の断面の形状は、丸針@、楕円針➁、ラインコンタクト等がある。

shape.png

※レコード盤面に接触するため機械的な摩耗や摩擦熱などにより消耗・摩滅する。消耗が進んだ針の使用はレコード盤を傷める原因となるため、一定時間おきでの交換が推奨される。

スタイラスチップの寿命については、一概に「寿命は何時間程度」と定義するのは難しいが、目安としては丸針:200 時間、楕円針:150 時間とお考え下さい。
※使用状況によって、これよりも長く使用できる場合も、その逆もございます。

●カンチレバーは、先端にスタイラスチップを装着した細長い棒で、形状には、無垢棒、アングル、パイプなどがある。

カンチレバーのおもな材料は安価で加工が容易なアルミニュウムやジュラルミンなどの軽合金が用いられるが、高級品には高度な加工技術を必要とするが音響特性に優れたボロンやベリリウムが用いられる

カンチレバー後端に置かれる発電コイル、信号出力用の接点(ピン)で構成。
ステレオの場合は、出力ピンが4本 (L+/L-/R+/R-)、
モノラルの場合は2本 (+/-) になる。

4723.jpg

画像を含み下記ページを参考にしました。

http://www7a.biglobe.ne.jp/~yosh/cartridge.htm

JICOページ
http://shop.jico.co.jp/sas/
ダイナベクター
http://www.dynavector.co.jp/dvcart/frame_cart/frame.html
47Labss
http://www.47labs.co.jp/4723.html

世界の逸品をあなたに  オーディオHIRO







posted by audio HIRO  at 09:04| Comment(0) | アナログ

2014年09月13日

電源ケーブル 47Labsその2

通常の壁差し込みコンセントの口数は2口が殆どです。
DSCN0025.JPG

47Labs ケーブルは0.65mmと細い単線ケーブルの有利性を活かし、
複数機器に接続可能なAC電源ケーブルを作成しました。DSCN0022.JPG
画像の通り電源プラグはHUBBELL社のHB-8215C
http://www.audio-hiro.com/AC%20H-F.html#HUBBELL

●DVDプレーヤー用(メガネ型プラグパーツ専門店の製品です)

●管球プリメインアンプ用はフルテックのオーディオ・グレードFI-15ME(R)です。
http://www.audio-hiro.com/AC%20H-F.html

DSCN0027.JPG

下の画像はプライベート・ルーム(和室)です。
DSCN0020.JPG

主にBS放送のクラシックやスカパーのJAZZ放送の録画試聴に使用しています。
●管球プリメインアンプ・・・Leben CS-600(EL34)
●スピーカー・・・SONO TONE 8インチフルレンジ(アルニコ・ユニット)
●電源ケーブル・・・47Labs 0.65mm
●SPケーブル・・・Harmonix HS101
●RCAケーブル・・・Tara Labs RSC Vector 2-8N
●映像ケーブル・・・Harmonix HS101


2口用壁コンセントご使用の方へ、検討に値する逸品です!
(自作の場合は個人の責任で実施して下さい)

下記アドレス参照下さい
http://www.konus-audio.com/cable/Index.html






posted by audio HIRO  at 08:51| Comment(0) | アクセサリー

2014年09月03日

1台のアンプで真空管の差し替えができるCS600

LEBEN CS600 管球アンプの標準真空管は6L6GCです。
leben_hero_lit-4.JPG

内部スイッチ切り替えでEL34もOKです。
このことはLEBEN公式HPでも紹介しています。
この「Leben CS600」管球アンプは、他の真空管も差し替え出来るのです!
1台で色々な真空管を聴くことが出来るアンプなのです。
海外からの強い要望で開発された「Leben CS600」は、
標準の 6L6GCの他に、 EL34 /6CA7/ KT-77, KT-88, 6550, KT-66, 350B 6L6GBの真空管がOKです。

内部セレクタースイッチで切り替えます。
switch.jpg

注意することは、例えばKT66の場合、真空管サイズが大きいので天板を外した状態でなければいけません。
蓋は閉められない・・・ということです。
leben_hero_open3.jpg
この様な場合、試聴時は天板を外した状態で聴き、電源オフ後(真空管が冷めた後)は天板の代わりに布などで覆ってください。

其々の真空管のセレクタースイッチの位置に関して、Leben CS600 KT66 で検索して下さい。
著作権の関係なのかリンクできません。・・・海外HPを参照下さい。

具体例としてKT66の場合は次のセッティングです。
CATHODE RESISTOR(L) ↑
PLATE VILTAGE(R) ↑or↓





世界の逸品をあなたに  オーディオHIRO





posted by audio HIRO  at 10:33| Comment(0) | ハード